家族葬の疑問を解決!

最近家族葬という言葉を聞くようになりましたが、まだはっきりとしたことを知らないという人も多いかもしれません。
家族が亡くなる時は突然なことが多く、あらかじめ準備をすることができないこともあります。
急に判断することは大変難しいので、どのような葬儀があるのかを知っておくことも大切です。
本人の希望を含めることも大事ですし、家族の思いも大切です。
人生の最後どのような方法で送るのかを、家族でゆっくり考えてみてはいかがでしょう。

時代のニーズに応じて登場した「家族葬」とはどういうもの?その内容を解説

時代のニーズに応じて登場した「家族葬」とはどういうもの?その内容を解説 お葬式といえば家やお寺などで行われていましたが、時代のニーズを共に葬儀場を利用する人が増えています。
葬儀場を利用することによって、葬儀会社に全てお任せすることができるので、家族は故人とゆっくり向き合うこともできます。
しかしお葬式にはたくさんの関係者が集まるので、親族はバタバタしてしまうこともあります。
そうならないように、今流行りの家族葬をする人が増えていて、時代のニーズに合わせ少人数で葬儀を行うことができます。
そのメリットは何といっても家族みんなで最後を迎えることができることです。
家族葬といっても本当に家族だけではなく近親者も呼ぶこともでき、呼びたい人があれば少人数であれば可能です。
家族葬は時代のニーズに合わせた、新しいかたちのお葬式のです。

家族が亡くなったときに家族葬を行うことのメリット

家族が亡くなったときに家族葬を行うことのメリット 家族が亡くなったときにはどのような葬儀を行うべきか迷うかもしれませんが、家族葬を選ぶこともできます。
家族葬を行うことにはたくさんのメリットがあるので、事前にこれを知っておくことがおすすめです。
これを選ぶのであれば、家族でゆっくりと故人のお見送りを行うことができます。
大勢が集まる葬儀の場合は遺族に負担がかかりやすいですが、少人数の家族葬であれば遺族の負担を軽減することが可能です。
お別れの時間を大切にしたいのであれば、このタイプを選んでみることがおすすめだと言えます。
家族葬を選ぶのであれば、費用を抑えることができるというメリットもあります。
規模が大きくなればなるほど費用が高くなり、祭壇や生花のグレードを下げることになったり、遺族の金銭的な負担が重くなったりする可能性が高いです。
家族だけであれば費用が少なくて済みますし、祭壇や生花などのオプションのグレードを納得ができるものにすることもできます。
他にも、家族だけで見送ってほしいという故人の願いを叶えることができるでしょう。
たくさんのメリットがあるので、大切な家族が亡くなったときには家族葬を行うことを積極的に検討してみるがおすすめだと言えます。

家族葬での服装マナー、喪服は着用するのが良いのか

家族葬は近年増えてきている新しい葬儀の形であり、家族や親族など近親者のみで行います。一般葬に比べると規模も小さく、さらに家族のみで行うため自由に家族葬を演出することができ、自由度も高めです。
そのため服装も自由にして良いのかと感じますが、家族葬においても服装のマナーがあります。
家族葬に適した服装は、宗教葬を行うのであれば喪服が一般的です。ただし服装にも3つのカテゴリーがあり、喪主は格式の高い正装をしなくてはなりませんが、家族で行うため今では準じたものを着用するようになっています。
男女ともに準喪服と言われるブラックスーツやブラックフォーマルを着用すると良いでしょう。光沢のないブラックフォーマルであれば問題はありませんし、靴や靴下ストッキングも黒で統一します。
なお平服と言われた場合もグレーや黒など地味な色調の服を着る必要があります。基本黒を着用するようになるので、明るめの服は避けるようにします。

家族葬を執り行う場合親族はどこまで呼ぶのが良いのか

家族葬は遺族や親族、故人と親しかった友人のみで行う葬儀であり、どんなに多くても20人から30人程度の式となります。
一般葬のように参列者はおらず、会葬御礼品も必要がないため受付も設置しないのが特徴です。家族葬は自由に葬儀を執り行える特徴があり、故人の好きだった音楽をかけたり、DVDを上映したりすることもあります。
故人と最期の時をゆっくりと過ごすことができるのが家族葬の魅力であり、他の人に気を遣わずに済むのがメリットです。そのため参列する人を選定する必要があります。
親族においては故人との関係性と、参列する人の年齢を考慮します。あまりお付き合いがない場合は参列の依頼をする必要はなく、さらに高齢者の場合も遠慮をしてもらうのが一般的です。
誰に参列してもらうかは一番もめる部分でもあるため家族葬を行うと決めた時点で、理解を求めると良いでしょう。故人の意向に沿って行うと伝えるともめることが少なくなります。

家族葬であれば比較的自由な葬儀の演出ができる

家族葬の場合は伝統的な一般葬とは違って、参列者は家族や親族のように見知った人々に限定されますし、費用も比較的かからないためオプションの部分を充実させることが可能です。
こうした家族葬の特性を生かすことにより、一般葬ではなかなか困難だった特別な演出を葬儀のなかで盛り込むことができます。
たとえば亡くなった人が生前に何らかの趣味をもっていたのであれば、その趣味にかかわる作品を会場に展示したり、生前に趣味の活動を楽しんでいるようすを収録したビデオを会場内で上演したりといったことが可能です。
音楽を愛した人が亡くなったのであれば、プロの演奏者を会場内に招いてささやかなコンサートを開くこともあります。
このような演出は在りし日の故人をしのび、参列者同士で語り合う糸口となり、忘れ得ないすばらしい葬儀となることでしょう。
もちろん葬儀社のほうでも家族葬に精通しているスタッフがいればこうした取り組みを真剣に準備してくれるはずです。

近年、家族葬が増加している理由とメリット

近年、近しい家族のみで行う家族葬が増加しています。理由としてまず挙げられるのが、コロナ渦にて感染を防ぐためです。
多くの人が葬儀に集まると感染のリスクが高まります。葬儀にてクラスターが発生しないために、家族葬にする遺族が増えています。
また弔問客に気を遣わずに身内だけでゆっくりと故人との別れの時間を過ごしたいという考え方もあります。大勢の人に弔問に来てもらうのは有難いですが、気配りをしなければいけません。
いただいたお香典のお返しなども大変です。家族葬であれば気兼ねなく、故人のそばで静かに過ごせるでしょう。
さらに葬儀の費用を抑えるために家族葬にする人も見られます。大きなお葬式になるとその分お金もかかってしまうことは否めません。こじんまりと家族内での葬儀であれば安いプランで済みます。食事代や送迎バス、香典返しなどの費用も節約できます。
どういったスタイルでの葬儀にするかは、家族や葬儀会社とよく相談して決めることが大切です。

家族葬に特有のトラブルを事前に想定しておく

家族葬は亡くなった人の家族や親族を中心とする小規模な葬儀のあり方とされていますが、実際のところ明確な定義はありませんし、新しくはじまったスタイルでもありますので、従来からの一般葬では生じなかったようなさまざまなトラブルに見舞われるおそれがあります。
こうした家族葬に特有のトラブルとしてどのようなものがあるのかをあらかじめ想定しておき、未然に防ぐための取り組みをしておくとよいでしょう。
たとえば家族葬では地域や会社、学校関係など亡くなった人との社会的な付き合いのあった多くの人々に葬儀への参列を遠慮してもらうことになります。
そのため事前に十分な周知がなければ、当日にこれらの人々が図らずも会場に押しかけてしまうことがありますし、逆に葬儀に呼ばれないことへの不信感や愚痴などが後から苦情となって表明されることもあります。
したがって事前に趣旨を十分に周知することがたいせつです。また参列者が必然的に少数のため、喪主が受け取ることができる香典の金額も少なくなり、コンパクトな葬儀に徹したとしても結果的に赤字となるおそれがあります。
そのため家族葬を決めた場合であっても、葬儀社からの見積もりはしっかりと検証し、予算に見合った金額になるようにする必要があります。

家族葬の参考サイト

家族葬 箕面市

新着情報

◎2022/9/26

情報を更新しました。
>家族葬での服装マナー、喪服は着用するのが良いのか
>家族葬を執り行う場合親族はどこまで呼ぶのが良いのか
>家族葬であれば比較的自由な葬儀の演出ができる
>近年、家族葬が増加している理由とメリット
>家族葬に特有のトラブルを事前に想定しておく

◎2021/12/13

昨今の家族葬の香典の返礼品
の情報を更新しました。

◎2021/10/13

参列者数など家族葬の規模
の情報を更新しました。

◎2021/7/30

サイト公開しました